痛くない親知らずの抜歯|板橋歯科・矯正歯科

削らない低侵襲治療

抜かない保存治療

無痛レーザー治療

審美歯科

東京都板橋区板橋1丁目22-8 古谷ビル3階

お問い合わせ・ご相談

03-5248-0122

矯正歯科・インプラント専門医による無料相談受付中

痛くない親知らずの抜歯

親知らずは適切な状態ですか?

親知らずの抜歯

ご自身の親知らずを確認して、適切に生えているか、虫歯となっていないか、また痛みを感じていることはありませんか?生えてくる時期には個人差がありますが、10代の後半から20代の前半に生えてくるケースがほとんどです。手前の歯に隠れている状態なので歯磨きが難しく、虫歯となってしまうことも多くあります。

そして親知らずは遅れて生えてくることからキレイに生えて適切な咬み合わせとなることが少ない歯でもあります。親知らずを抜歯する方が多いのは、適切に生えてくることが少ないというのが理由です。ご自身の親知らずを確認して、違和感を覚えた際には歯科医院にて確認してもらうことをオススメします。

適切に生えてきた親知らずは残しておく

将来的な移植の可能性

適切に生えてきている親知らずは抜歯をする必要はありません。歯磨きの際に意識をして丁寧に磨いて健康的な状態にしておくことをオススメします。また親知らずは他の部分の歯を抜歯した際に移植して再利用することもできます。そのため、残せる親知らずは残しておくというのが歯科医院での判断となっています。自分自身の歯で咬み合わせを修復できるのであれば、これ以上の素材はありませんので、適切に生えてきた親知らずは残しておく判断も正しいでしょう。

親知らずの移植とは?

上下の親知らずは咬み合わせられるほど成長することがないため、咬み合わせに重要な歯というわけではありません。そのため、他の歯を抜歯した際に、自身の親知らずを再利用するという治療方法も最近は行われるようになってきました。抜歯後の治療ではブリッジやインプラント、入れ歯などの選択肢がありますが、この親知らずの移植というのも歯を修復する手段として検討されるようになっています。移植が可能な場合には積極的にご案内をしております。

抜歯をオススメする親知らずの状態

親知らず

歯茎に炎症が見られる場合

生えてくる過程で歯茎の炎症が見られる場合、痛みが大きくなる可能性がありますので、抜歯をオススメします。そのままにしておくと炎症が大きくなり、様々なトラブルのリスクが高まってしまいます。

虫歯となっている場合

親知らずが虫歯となっている場合には、治療が難しい部位ですので、抜歯をオススメするケースがほとんどです。

歯並びに影響を与えている場合

斜めに生えている場合には、隣の歯への圧力が大きくなり、全体の歯並びに悪い影響を与えてしまうことが考えられます。そのままにしておくと徐々に様々な部分に違和感を感じるようになりますので、注意が必要です。

親知らずの抜歯と痛みの関係は?

親知らず

親知らずを抜歯することとなった際、患者様が最も不安になるのが痛みについてのことと思います。抜歯時には麻酔をしていますので、耐え難い強い痛みを感じることはありません。また麻酔注射の際にも表面麻酔で注射の痛みを緩和致します。

抜歯にかかった時間が抜歯後の痛みに比例

親知らず抜歯親知らずを抜歯した後、麻酔が切れると痛みを感じます。この痛みは抜歯時にかかった時間に比例すると言われており、難易度の高い抜歯では抜歯に時間がかかってしまうため、強い痛みとなることも少なくありません。ですが当院では抜歯後の痛みを抑えるために、事前に抜歯のシミュレーションを行い、可能な限り迅速な抜歯を行えるよう、努めています。また痛みを和らげる処置も合わせて行っていますので、ご安心下さい。

痛みの少ない親知らずの治療なら板橋歯科・矯正歯科

痛みの少ない親知らずの治療

板橋区で、可能な限り抜かない親知らずの治療なら、ぜひ板橋歯科・矯正歯科までご来院ください。親知らずを抜かずに活用したり、抜いたとしても最小限の痛みにとどめる低侵襲な抜歯治療を提供しております。外科処置の経験豊富な親知らず治療をお望みなら、お気軽にご連絡ください。

トップへ戻る