院内感染防止対策|板橋歯科・矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

診療日変更のお知らせ(2022年12月より)

極力抜かない・削らない低侵襲歯科治療

微痛レーザー治療

審美歯科

東京都板橋区板橋1丁目22-8 古谷ビル3階

お問い合わせ・ご相談

03-5248-0122

矯正歯科・インプラント専門医による無料相談受付中

院内感染防止対策

板橋歯科・矯正歯科が取り組む院内感染防止対策

衛生管理

最近、歯科医院の衛生管理体制が不十分であるという報道があり、不安を感じている方も多いかと思います。医療を提供する以上、歯科医院も衛生管理を徹底しなければなりません。ここでは当院が実践している、院内感染防止対策についてご紹介いたします。

院内感染を防ぐために実践している衛生管理

高温・高圧下でのオートクレーブ滅菌

滅菌処理

オートクレーブは、ほぼすべての細菌やウイルスを滅菌できる優れた医療器具です。高温・高圧下で器具を徹底的に滅菌し、感染のリスクをゼロに近づけます。ディスポーザブルの器具以外は、ほとんどオートクレーブで処理します。

麻酔器具も滅菌処理

麻酔器具

歯科麻酔で用いる注射筒も院内感染の原因となりますので、きちんと滅菌処理を施します。そのため、当院では多数の注射筒をご用意しています。ちなみに、注射針と麻酔薬が入っているカートリッジは、ディスポーザブルとなっておりますので、使用後は廃棄します。

ディスポーザブル品の積極的な活用

使い捨て品

院内感染を徹底する上では、滅菌対策を重視することはもちろん、ディスポーザブル品の積極的な活用も大切な取り組みです。治療に使うグローブやガウンなどはディスポーザブル品を活用し、接触感染のリスクを低減します。

器具の都度交換を徹底

都度交換を徹底

治療で使用する全ての器具は患者さまごとに、滅菌処理がされた物に交換をしています。使い回し厳禁・都度交換を徹底し、院内感染防止に努めています。

滅菌パックによる保管

滅菌パック

治療で使用した器具は、滅菌器での滅菌処理後、滅菌パックに入れて保管をいたします。治療で使用する際には、使用直前に開封して使用いたします。

院内清掃を徹底して行う

滅菌パック

診療室を始めとした院内設備の清掃は、スタッフ全員で毎日行っています。患者さまが気持ちよく診療を受けて頂けるよう、感謝の気持ちを込めながら一生懸命お掃除しております。

板橋区で衛生管理が行き届いた歯科医院なら

衛生管理が行き届いた歯科医院

板橋歯科・矯正歯科では、治療に使う細かな器具から診療室内の空気に至るまで、院内感染を防ぐための対策が徹底的にとられています。患者さまが安心して治療に専念できるよう、あるいは気持ち良くご来院頂けるよう、スタッフ一同院内清掃にも取り組んでおります。そんな衛生管理が行き届いた歯科医院での治療がご希望であれば、ぜひ一度当院までお越しください。皆さまのご来院を心よりお待ちしております。

トップへ戻る