叢生の矯正治療症例|板橋歯科・矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

極力抜かない・削らない低侵襲歯科治療

微痛レーザー治療

審美歯科

東京都板橋区板橋1丁目22-8 古谷ビル3階

お問い合わせ・ご相談

03-5248-0122

矯正歯科・インプラント専門医による無料相談受付中

叢生の矯正治療症例

矯正治療前

矯正治療後

10代女性の患者さんです。

歯が凸凹に並んでいるから治したいと来院されました。

分析の結果、上下左右の歯を1本づつ抜き

ワイヤー装置をつけ横幅の拡大を行い

歯を並べなおして叢生を改善しました。

 

年齢・性別 10代女性
矯正治療期間 2年6か月
抜歯の有無 上下左右1本ずつ
治療費 99万(検査料、装置料、調整料含む)(税別)
リスク・注意点

歯の移動に伴い痛みを感じる場合がある

治療後保定装置を使わないと後戻りを生じる

備考 特になし

トップへ戻る